格安SIMは基本的に 平日の昼の時間帯と夜の時間帯は通信が遅くなる

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

格安SIMをすでに運用している人も結構多いとおもいますが、通信速度どうですか?

早いですか?遅いですか?

基本的にMVNOはみんなが通信を集中させる時間帯というのは遅いです。

遅くて当たり前

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

当然ながら価格を抑えているわけですから遅くて当たり前なのです。

それではなぜ遅いのでしょうか?

まずは次の理由があげられます。

大半のMVNOというのはドコモの回線を借りて運営しております。ドコモの回線の届く範囲では通信が可能ということで、日本の大半の地域で通信することが可能です。しかしながらドコモユーザーとMVNOのユーザーは同じ電波を共有するわけです。接続先はMVNO専用のAPNに接続するわけですが、基本的にはドコモの回線を利用しているということは、ドコモユーザーもその回線を利用しているのです。

ドコモユーザーも同じ回線を利用しているということは、ドコモユーザーのほうが高額な維持費を払っているわけです。高額な維持費を払っているほうに回線の優先権を割り当てるという非常に単純なしくみなのです。しかしながら空いている時間帯はわりとMVNOでも高速に動作させることが可能です。

ざっくりですが、日中の昼にドコモユーザーなら5Mbps程度の通信速度が出るところでもMVNOユーザーは1Mbps未満ということが多いです。それはドコモユーザーに優先的に通信速度を割り当てているということが考えられます。

当然ドコモユーザーのほうが高額な維持費を払っているので、当然といえば当然です。通信に関しても限られて資源の中で運用しているので、どうしてもそういうことが起きるわけです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

割り切りが必要

そのあたりは割り切りが必要です。ここ最近docomo ドコモ au SB ymobileL

キャリアモデルにするかMVNOにするか

そういうことを踏まえてキャリアモデルにするかMVNOにするか本当に悩むところですよね。

通信速度というのは、ある程度理論値で書いてあるので、実際にその速度が出るということはまずありえません。

ドコモオンラインショップ

au Online Shop

ソフトバンクオンラインショップ

ワイモバイルオンラインショップ

これらがキャリアモデルです。当然ながらスペックも非常に高いモデルがかなりあるのが、キャリアモデルです。キャリアモデルを選択することで、ある程度の通信速度は確保出来るわけです。

それでも価格は基本的に今まで通りなのです。そのあたりが非常に悩ましいところですよね。

初回投稿日:2016年6月7日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加