日本でHuaweiやXiaomi ASUSなどのアジア系メーカーがSIMフリーを制する

ここ最近かなりの外資系メーカーが日本市場で頑張っていることは知っている人も多いとおもいます。

一般的な人が外資メーカーよりもキャリアが扱うメーカーしかわからないとおもいますが、ここ最近SIMフリーという言葉が出てきてかなりの外資メーカーが日本市場でがんばっています。

総務省の対策によるもの

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

実はそれは総務省の対策によるものです。

総務省がキャリアに対して過度のキャッシュバックを是正するように要求しております。

その為日本では端末の価格がどんどん上昇しているのです。

端末価格が上昇するということは、それだけ安い機種を選択する人が増えているわけです。

そんな中でここ最近出てきているのがアジア系のメーカーです。これらの機種は実はかなりスペックもよく購入している人も非常に多いことは事実です。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ASUSが非常にスペックの高い機種の発売

ZenFone 3 Deluxeが発表されました。 実にスペックの高い機種となっており、日本での発売も期待されるところです。 スペッ...

こちらをみてもらいたいのですが、かなりのスペックの高さです。ここまでスペックの高い機種というのはソニーからでも発売されておりません。

Samsungも発売していないのです。それくらい高い機種なのです。

このようにこれから徐々にこのようなスペックの高い機種が安い価格帯でどんどん日本に入ってきているのです。

そう考えると日本メーカーとしてはかなりのピンチであることは間違いありません。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

honor V8という機種

HuaweiがHonor V8という機種を発表しました。 Honorというのは日本ではSIMフリーモデルとして発売されているモデルの後...

こちらの機種しっていますか?

こちらはHuaweiの機種ですが、かなりいい機種です。価格もこなれた価格なので、日本に入ってきたら間違いなく売れるとおもいます。

このようにどんどん日本のメーカーが外資系のメーカーにくわれていっているのです。

安くていいものが日本に入ってくることは消費者としては歓迎ですが、メーカーとしてはイマイチですよね。

やはり自社製品を購入して欲しいというおもいもあるわけです。

それでも外資系が安くていいものを作るので、今の日本はかなり世界的に見てもつらいとおもいます。

iPhone8 iPhoneX XPERIA XZ1 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

富士通は辛い

個人的に思うのは富士通は本当に辛いとおもいます。

ハイスペックモデルをかなり発売しており、毎回ドコモにはハイスペックモデルを提供しておりました。

それが今回の2016年夏モデルでは投入してきませんでした。

相当体力が落ちたなぁ〜という印象です。

もう富士通も日本のスマホ市場で残ることはかなり難しいのではないでしょうか。

これから先は本当に日本市場でどのように飯をくっていくか・・・ということが問われる時代にはいってきました。

これからも日本メーカーは本当にがんばってもらいたいですよね。

ツールバーへスキップ