スマホ契約出来ない時に見直し 契約出来ない なぜ携帯の審査が通らないの?

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

携帯電話を契約しようと思っても契約出来ないことがあります。

携帯の契約が出来ないということはいわゆる審査に通らなかったということです。

それではなぜ審査に通らないのでしょう?

審査に通らない理由

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

・他社での未納がある(自社も含めて)
・過去に短期解約をした経験がある
・契約が既にいっぱいある(基本的に音声5回線、データ5回線まで)
・前回の契約した日から日数が経っていない

これらのことが原因で審査に通らないという人が結構いるのです。

一番の落とし穴というのは前回契約した日から日数が経っていないということだとおもいます。

この条件は各社マチマチなので、絶対ということはないとおもいますが、ざっくり3ヶ月くらい前に契約した時からの日付は開けたいところです。

3ヶ月以内に同じキャリアで契約したのであれば、残念ながら契約出来ない可能性が非常に高いです。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

未納は絶対NG

他社に対してもそうですが、自社でも未納があると絶対に契約出来ません。

この場合の未納というのはいわゆる料金の踏み倒しというものです。

携帯電話の料金が払えなかったということで、そのまま料金を払うことを放置した人結構いるとおもいます。そのまま放置すると当然ながら携帯電話での通話や通信が止まるわけですが、その時に払いにいけばまだいいのですが、払わずに放置した場合は強制解約をくらいます。

その時に他社に契約しようと思っても契約出来ないのです。

このように自分の信用情報というのは確実に吸い上げられているのです。この人は払う意思のない人というふうにみなされるのです。そうなると基本的に契約は出来ません。

逆にそこまでしてしまうとオートローンや住宅ローンの審査にも及ぼしかねないので、当然ながら気をつける必要はあります。

確実に料金の支払いはしたいものですよね。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

短期解約したことがある

過去に短期解約などを行った場合に関しても残念ながら契約出来ない可能性が非常に高いです。

短期解約するということはそのキャリアに対して何か問題があったから短期解約したというふうにみられるのです。

ざっくりですが、半年くらいは契約を維持したいところですね。

ここ最近MNPなどをするときにある程度縛りがもうけられ、1年以上契約しないと高額な違約金が発生することも多々あります。

そのため短期解約をする人はあまりいないとおもいますが、新規契約などで短期解約してしまった場合に再度契約することは難しいかもしれません。

よくあるのが長期出張などで、契約した携帯をすぐに解約してしまうケースです。

勿体無いから一旦解約するという方法をとるわけですが、海外赴任までいってしまうとかなりの期間があくので大丈夫かとおもいますが、長期出張レベル(数ヶ月)では帰ってきてから契約出来ないなんてことにもなりかねません。

是非そういうことにも気をつけたいところですね。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

携帯の契約を断られるほど情けないものはない

たかが携帯電話の契約ですが、断られると本当に情けなく感じます。

たかが携帯ですが、されど携帯です。

携帯がないと困る人も非常に多いので、契約が出来ないなんてことにならないようにしたいものですよね。

無理な契約や未納などは絶対に避けたいところです。

そのあたりはよく考えて契約をしたほうがいいとおもいます。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

オンラインショップでもブラック

ドコモ オンラインショップ 特価ブラック BLで 契約出来ない 定価購入 一括価格 0円で新規契約出来ない

ドコモオンラインショップでのブラックに関して少しお伝えしたいとおもいます。

ドコモオンラインショップというのはドコモが運営するオンラインショップですが、こちらでの契約でもブラックになる人がいるようです。

実際にはこちらでの審査が落とされる条件というのは以下のものがあります。

・特価ブラックになる

この特価ブラックというのはなんなんでしょうか?実はこれはドコモの割引施策をかなりたくさん受けたという人に対する施策です。

実はドコモでは割引施策の回数を制限しているのです。あまりにも大量に割引 スマホ契約出来ない時に見直すことは? なぜ携施策を受けると割引施策で契約出来なくなるのです。そしてドコモオンラインショップでもブラックになり契約出来ないということがあるのです。

その時というのはMNPを行った時に割引施策を短期間の間に受けたなどという人はなる可能性が高いのです。

そういうことには本当に気をつけたいとおもいます。

それでも普通の機種変更などではブラックにならないというケースもあるので、そういう時はドコモオンラインショップにて機種変更を行うのもいいかもしれませんね。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

契約は出来るが割引適用を受けられない

2017年1月10日追記

一番辛いことというのは契約は出来るが割引の適用を受けることが出来ないということではないでしょうか。

この上でも説明しておりますが、特価BLというものです。ここ最近総務省の陰謀により残念ながら総務省というのは0円以下での販売をしてはいけないというようなガイドラインを出しております。

これに関しては知っている人もかなり多いでしょう。これに伴い契約をしようと思ってもあまり美味しくないから契約を控えるという人がかなり出てきているのです。昔はやった携帯乞食と呼ばれる人たちのことを封じるための施策ということで、総務省の人たちの指導に従う形で各社端末代金を値上げしてきました。

いわゆる施策をやめてきたのです。施策をやめてきたことにより、端末価格は上昇しているのです。しかしながら端末代金の値上げを行っても残念ながrそれほどの端末は売れません。となるとやはり値引きせざるを得ないわけです。値引きを行うこと自体がNGとなっておりますが、それでも値引きをして在庫をなくすということをしたいわけですね。

となるとドコモオンラインショップでよくやっている新規一括○○エンという一括割引施策を受けることが出来ない可能性も十分にありえるわけです。

割引施策を受けることが出来ないことにより、結果的に特価では購入出来ないという人がかなり増えてくるわけですね。

今はその状態の人がかなり多いのです。特に今はiPadが一括0円で販売していたりと契約したいと思っている人もかなり多くいましたが、契約出来ないという状態が発生していたりするわけです。一番イラっとするのは審査は通るけど特価で購入が出来ないということではないでしょうか。本当にそれはイラッとしますからね・・・もう少し考えてほしいですね。

初回投稿日:2016年6月1日