au 2016年 夏モデル発表 ガラケーはAndroid 仕様に 廃止か

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

auの2016年夏モデルが発表されました。

auが2016年にはガラケーを廃止するというニュースが以前から色々出ておりましたが、実際にガラケーはなくなりました。

ガラケーがなくなることによる影響

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ガラケーチックな機種は今回も発売され、AQUOS Kという機種になっておりますが、なぜauはガラケーを排除してきたのでしょうか?

それはauにかぎらずの話ですが、ヒンジ部分の製造メーカーの縮小及び開発コスト削減でしょう。

Androidに各メーカーがシフトしてきており、Androidのほうが結果的に開発コストを抑えることが出来るという感じなのでしょう。

それと通常のガラケーで一切通信をしない人もいたとおもいますが、このガラケーでは基本的な通信機能というものはついており、パケット通信を行うので、通信量収入を得ることが出来るということもメリットかと感じます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

料金がトータル的にあがる

やはり気になるのは料金がトータル的にあがるということです。

通信費を一切使わなかった人もガラケーに乗り換えても通信費があがるということがau的には非常にありがたい話ですが、一般的にはありがたくない話です。

基本的にAndroidの機種なので、通信は行います。

それがどうもちょっと残念な感じはしますよね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ガラケーも1機種と限定的

今回発売される予定のガラケーも1台だけと非常に限定的です。それくらいガラケーは人気がなくなってしまったということなのです。

人気もないしAndroidが動いているということは結局のところAndroidでいいのかな?なんておもいます。

結局Androidになれないと始まらないということです。Androidにこれから先は慣れていく必要があるかとおもいますが、やはり世の中には不得意な人もいますよね。

ちょっとそういう人には厳しいのかなぁ〜なんておもいます。

初回投稿日:2016年5月31日