iPhone8 /Plus 有機EL 採用 受注額が増額 2017年に発売?

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

iPhone7の発売もありませんが、すでにiPhone8のニュースが舞い込んできております。

iPhone8というのは当然ながらiPhone7の次の次?に発売される予定の端末です。

通常であれば、iPhone7→iPhone7s→iPhone8となるわけですが、iPhone7sがなくなりiPhone8が発売されるかもしれません。

有機EL採用

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

アプライド・マテリアルという会社が大量の有機ELの受注を獲得したようですね。

今までは200億円程度だった受注ですが、それが770億円程度にまで受注金額をあげたそうです。

この会社は有機ELを製造するメーカーとなっており、Appleから大量の受注が入るということです。

有機ELが今後採用されるというニュースは以前から言われておりましたが、非常にこれは楽しみなことだとおもいませんか?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ディスプレイ製造の稼働は2017年頃から

ディスプレイの製造の稼働時期は2017年頃からとなっており、次のiPhoneに搭載される時期があっているのです。

ディスプレイの製造が2017年から行われるとなるとそれに合わせたiPhoneに搭載されることは間違いないでしょう。

すでにiPhone7でも有機ELが採用されるかもしれないなんてニュースもあったくらいです。

有機ELというのはそれほどすごいのでしょうか・・

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

日本のメーカーは有機ELから撤退

数年前に有機ELが日本でも流行った時期がありました。

現在はしかしながら日本メーカーはほぼ撤退しているようです。

有機ELで儲けることが出来ないということだったようです。

有機ELというのは液晶と違ってバックライトを点灯させる必要がありません。そのため、非常に薄型にできてかつスマホの応答速度もかなり上げることが出来ました。

それによりSamsungなどは現在のGALAXYなどに採用しております。

有機ELと液晶に関して一長一短なので、なんともいえませんが、画面を薄型にするという意味では有機ELのほうが得意とすることです。

それをAppleが採用したということは、さらに薄型を目指しているということになりますよね。

引用元:bloomberg

初回投稿日:2016年5月25日