Surface Pro5(サーフィスプロ5)に期待 スペックは? 発売日は?

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

MicrosoftからSurfaceという機種のWindows純正のパソコンが発売されておりますが、次に発売される機種はSurfacePro5になると予想されております。

現行ではSurfacePro4までが発売されておりますが、そもそもSurfaceというのは使いやすいのでしょうか?

購入を検討するなら

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

アマゾンで購入することが可能です。Pro5の発売までまだ時間がありますので、こちらを一度検討してみるのがいいと思いますね。

アマゾン、楽天ともに購入することが可能です。

こちらの店舗からの購入をおすすめしたいと思いますね。こちらはSURFACE Pro4となっております。現行では一番最新の機種となっております。

こちらの機種をとりあえず今の段階では検討してみてはどうでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Surfaceは使いやすいの?

Surfaceを持っている人は会社用のパソコンという人が非常に多いのですが、Surfaceは持ち運びには非常に優れています。

さすがタブレットといったところでしょうか。マウスが利用出来るということも非常にありがたいですよね。

それとなんといっても専用キーボードの販売があるということです。

これもかなりありがたいのではないでしょうか。

これらのガジェットが純正で揃っているというところもSurfaceのいいところでしょう。

なぜこの時代にSurfaceを選択するのか?ということですが、やはりMicrosoft純正アプリとの相性が一番いいということです。

それはOfficeソフトでしょう。

OfficeソフトはMicrosoft純正のアプリです。それが問題なく動作するというところも非常にいいとおもいますね。

そう考えるとOfficeソフトを利用するということが一番のメリットなのかもしれません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

予想スペック

スペックとしては現在のSurfacePro4でも結構なスペックを搭載しているのですが、当然ながらそれより上回るものになると思われます。

すでにCPUはPro4でスカイレイクを搭載していることから、6月に発売されるのであれば同じスカイレイク搭載となるとおもいます。

10月頃の発売ならひょっとすると次世代のCPUが採用されるかもしれません。

画面の解像度は2736 x 1824とすでに現行でもかなり高いことから次世代モデルに関しては、もう少し上になるもしくはこれと同等ということになるのでしょうか。

ひょっとすると4Kを搭載するかもしれませんが、小型画面なので、4Kまでは必要性はないかもしれません。

RAMは現行は4GB〜ですが、8GB〜という感じになる可能性は非常に高いですよね。

後考えられるのはセンサー系の追加ではないでしょうか。現在は以下のセンサーが搭載されております。

光センサー
加速度計
ジャイロスコープ

この3つですが、今後ひょっとするとこれ以上のセンサーが採用される可能性があります。

センサーの追加はこういうものが好きな人にとっては非常にいいとおもいます。

後はカメラ画素数アップです。現行が500万画素のカメラです。800万画素レベルにまでなら十分考えられるとおもいます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SurfacePro4のレビュー

実はSurfacePro4は実際に利用していたので、レビューをしたいとおもいます。

Surface4 サーフィス4は本当に使いにくい Microsoftはもう少し考えるべき

本当に申し訳ありませんが、普段使いならノートパソコンのほうが十分使いやすかったです。そのレベルでした。

何がダメといわれると結構厳しいのですが、使い勝手ですよね。

そもそもWindowsはタッチパネルでの操作というのはあまり考えられていないとおもいます。

タッチパネルを利用しての操作というのは本当に使いにくいです。

やはりマウスの利用はほぼ必須となるとおもいますね。それくらいマウスというのは重要になってきているとおもいます。

個人的にもマウスがないとこの機種はちょっと使いにくいです。

そんなことを踏まえて次のモデルが発売されるわけですが、楽しみな部分とそうでない部分の2つがありますよね・・・

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SurfaceとiPadを比較する人が多い

2016年5月27日追記

SurfaceとiPadを比較する人が非常に多いとおもいませんか?

Surfaceというのはあくまでパソコンです。iPadはタブレットなのです。

結局何が違うの?とおもいますが、Surfaceはタブレットのような形にもなりますが、結果的に中はWindowsパソコンなのです。

パソコンとして動作することが可能なのです。それがiPadというのは、残念ながらパソコンではありません。出来ることはかなり多くなっておりますが、周辺機器との接続が得意ではないのです。

最近でこそそれなりに色々な周辺機器が出てきておりますが、結局のところはタブレットにしか過ぎないのです。iPhoneの延長線上にiPadがあるとおもっておいたほうがいいでしょうね。

それがSurfaceとパソコンの延長線でもなく同等の立ち位置なのです。

よってiPadとは考え方が異なるわけです。タブレットとして単体で利用するならiPadのほうが間違いなく利用出来るわけですが、パソコンスタイルになるとSurfaceのほうが使いやすさはあがります。

結局タブレットというのは見るだけの為に作られた端末なので、何か入力を求められた時にはちょっと使い勝手がわるかったりとするわけです。

そのように色々なものを見ることによって自分に本当に必要な端末というものがわかるはずです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発売日は次期CPU待ちで2017年?

2016年6月10日追記

SurfacePro5の発売日が2017年にずれ込む可能性があります。Kabylakeという次期CPUの発売が2016年8月頃行われるということですが、そのCPUの発売をまってSurfacePro5に投入する可能性が高いということです。

KabylakeというCPUはSkylakeの次のCPUです。とはいうものの14nmでの製造プロセスということで現行とはそれほど大差はないと思われます。

現行とくらべて大差はなかったとしても、やはり次のCPUまで待ちたいというのはわかるような気がします。

それはMicrosoftの野望とでもいうのかなんというのかわかりませんが、最新のスペックでの登場というのがやりたいのでしょう。

現在SurfacePro4まで発売されておりますが、実はそれでも十分動作させることは可能です。

個人的にもこれで十分なのでは?とおもいます。Skylakeでも十分動作させることが可能ですが、Skylakeの発売は昨年の話です。

やはり今年最新機種を持ってくるのであれば、昨年発売のCPUしかないのです。それを避ける為にもやはりMicrosoftは2017年の前半頃に最新のCPUを搭載したものを投入したいのでしょうね。

Surfaceはそれなりに期待の大きい機種です。期待が大きいだけに最新CPUの搭載というのはある意味必須ということなのでしょうね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

新CPU待ち

2016年6月13日追記

上記にも少し触れておりますが、新CPUを待っているという情報があります。

新CPUを搭載したSurfaceは当然ながら人気は出ると思われます。

次期 Surface Pro5では4K解像度も Kabylakeを搭載? 最新のCPUに

こちらの記事を見てもらいたいのですが、Kabylake搭載のCPUのほうが間違いなくいいと思います。

どんどんIntelも新しいCPUを出してきますが、若干でも性能が高いほうがいいです。

昔ほどCPUの能力が上がったというわけではなさそうですが、CPUの能力が高いほうがすべての処理に置いて早くなるわけです。

そこはやはり期待しておきたいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Windows10のアップデートがそろそろ終了

Windows10のアップデートがそろそろ終了です。

Windows10への無料アップデートが終わるということは、これからWindows10以前のパソコンはWindows10にするためには有料になるわけです。

有料にならないように今の間にアップデートをする人が非常に多いわけですが、実際のところWindows10への強制アップデートによって訴訟が起きたり、いろいろ大変な状況だったことは間違いありません。

Windows10へアップデートしても実際にはそれほどいいことはないように感じますね。

サポートが伸びるだけで周辺機器やWindows10に対応していないソフトを使っている人にとってはかなり辛いと思われます。

Macのようにいつでもアップデートできるように整えておくべきだと思います。Windowsのこの戦略は失敗かと思いますが、どうでしょう?

基本的にずっと無料アップデート可能にし続けるべきかと思います。Windowsは企業ユースも非常に多いので、企業ユースからはクレームの嵐だと思います。

エンドユーザーが勝手にアップデートしてWindows10に対応していないアプリが動作しなくなったなど本当にいけてないと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MacBookProもKabyLakeを採用?

2016年7月26日追記

MacBookProもKabyLakeを採用する予定です。

すでにKabyLakeの出荷は始まっているようなので、SURFACEPro5もこのCPUが採用される可能性は十分考えられます。

新型 MacBook Pro 2016 Kaby Lakeを採用 新CPU採用で発売は年内に?

しかしながら残念なのが、SURFACEはこのCPUを搭載しているおかげでかなり高額な機種となっていることです。

MacBookProも高いわけですが、同じMacの中でもAIRなどは異なるCPUを採用しております。Coreシリーズなのですが、一番スペックの高いものを搭載しているわけではありません。

にも関わらず動作速度は本当に問題ありません。SURFACEに関しては、今までのモデルというのは、若干動作速度に難ありといったところです。

確実に悪いというわけではありませんが、OSのせいでしょうか。若干ながら動作速度は遅く感じることがありました。

SURFACEPro5はそういうことを排除してほしいですが、まだわかりませんよね・・・

新型CPUを採用するメリットというのは、やはり動作速度なので、そのあたりはマイクロソフト純正のタブレットということで、改善してほしいですよね。

それでもほぼ新型のCPUが採用されることは間違いないと思いますので、興味はわくとおもいます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Microsoftがなぜ純正にこだわったのか

2016年8月22日追記

Microsoftはなぜ純正にこだわったのでしょうか?Microsoftというのは、今までは基本的にソフトウェアのみを製造しているメーカーでした。

一部の周辺機器などは販売していましたが、純正に関しては販売していませんでした。

それがSURFACEが発売されてからなぜここまでSURFACEにこだわったのでしょうか?

SURFACEにこだわる理由ですが、まずは純正である安心感から購入する人が増えるということです。

それとAppleのような販売をしてみたかったということになります。

Appleは自社でOS及びハードを開発します。それによりかなりの信頼性が高い機種を作ることが可能で、当然ながらSURFACEよりもiPadのほうが売れていることは間違いありません。

そのようなビジネスモデルを築きたかったんでしょうね。

それでも現行で発売されているSURFACEの評判は正直なところかなりいいとはいえません。

すごく悪いわけではありませんが、やはりそこまでいいとは言いがたいのです。となればやはり期待するのは次のモデルになるのではないでしょうか。

次のモデルまでまだ発売するには期間があります。

その時までもう少し時間があるので、その時に期待はしたいところですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

バッテリー容量アップ?

2016年12月6日追記

バッテリーの容量アップの可能性があります。バッテリーというのは、本当にたくさんあるに越したことはありません。特にこのような機種では外出先で仕事などに利用する人もかなり多いと思います。

かなり多いのですが、実際のところバッテリーの持ちが悪いと悩んでいる人もいるでしょう。そういう人にはこちらの製品というのはオススメしたいと思います。

とはいうもののまだどの程度までバッテリーの容量があがるのかは不明です。

10%アップくらいで時間も10%ほど増えるだけで気持ちの上では結構違うと思いますね。

AppleがiPadを出しているように、この機種が発売されるとマイクロソフト以外のPCの売れ行きが下がる可能性もあります。

本当にWindowsProを搭載しながらタブレットかつかなり安価に抑えられているモデルを量販店で購入しようと思うと本当にマイクロソフトのSURFACEが一番のようにも感じます。世の中にはWindowsProを利用する人というのは結構少ないのでしょうか・・・

法人にもニーズはあると思いますので、かなりいいと思いますね。Proとホームの違いというのは、リモートデスクトップの利用とアクティブディレクトリ連携が可能になるということが最大のメリットかと思いますね。次のSURFACEは本当に期待したいところです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SURFACE Pro5のキーマンが去る

2017年1月30日追記

SURFACE Pro5の発売日はCreators UpdateというWindows10の大幅アップデート後の3月から5\4月頃の発売となる見込みということは、今のところ予想されている発売日です。

とはいうもののまだそのあたりは確定しておらず、大幅アップデートが確定した後少しだけテストを行ってからの発売となる可能性もあります。

SURFACEというのはかなりのユーザーを持っており、ここ最近コンシューマモデルもそうですが、法人に対してかなり販売しているようですね。

なんといってもWindowsのProが入っているので、法人でも入れやすいということです。

法人では中小企業はホームを利用しますが、ある程度規模の会社になるとリモートデスクトップを利用したいということで、Proを利用しますからね。Proを利用することでの安心感もあるようです。実際には少しだけホームに比べて機能が増えているだけなのですが・・・

それとブライアン・ホール氏がマイクロソフトをさりました。このブライアン・ホール氏という人はSURFACEの開発に携わった人です。今後SURFACEはある程度成熟してくるので、逆に去ったところで、そこまで大きな変更になるかどうかわかりませんが、今後の分岐点になることは間違いないような気がします。

いい方向にむくのか、このままの路線にいくのか衰退していくのか・・・そのあたりはどうなっていくのでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発表もそろそろ近い?

2017年2月27日追記

発表も2017年の1Qに発表される可能性が高いということがわかってきました。

1Qでの発表となれば、期待している人も多いのではないでしょうか。

SURFACEというのは企業を中心に採用するケースがここ最近かなり増えてきているのです。

なぜかというとWindowsのProモデルを採用していながら価格がかなり抑えられているからです。最上位モデルはかなり高額ですが、普通のモデルであれば10万ちょっとくらいで購入することが可能なのです。

それでもなかなか薄型のこのモデルということはかなり人気もあるわけです。薄型かつ非常にスタイリッシュでまたOfficeとの互換性もかなり高いということで、利用しているユーザーはかなり多いのです。またキーボードなどもいわゆる汎用性の高いキーボードを利用することが可能になっており、汎用性の高いキーボードならかなり価格も抑えられております。

そういう意味ではかなり安価に導入することが可能で導入コストをかなり落とすことが可能なのです。それに伴い企業でのニーズもかなり高まってきていることは間違いありません。逆に個人でもこのSURFACEProに非常に興味のある人が増えているということもいることは事実です。

その理由は個人でもProを使ってみたい。Windowsのタブレットを利用してみたいと思っている人が少なからずいるわけです。

そういうことからニーズなどはかなり強くなってきていることは間違いありません。特に今回はSURFACEPro4の発売からかなり時間が経過しているので、期待はかなりのものかと思いますね。そろそろ発売されると思われますが、KabyLakeの採用など非常に期待したい部分は多いと思います。

ぜひ検討してほしいですね。

初回投稿日:2016年5月23日