4K対応の新型PlayStation 4 名称はneo 4.5 GPUが倍増

iPhone8 /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

PlayStationを使ってゲームをしている人も結構多いと思いますが、次に発売される予定のPlayStationの情報が徐々に出てきております。

今のPlayStationでも十分なスペックなのですが、次に発売される予定のPlayStationというのはかなりのスペックになると予想されております。

名称は?

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

名称はPlayStation 4 neoになると予定されております。

PlayStation4.5という名称でなくて少し残念でしたね・・・

それでも新型PlayStationが発売される可能性があるというだけでテンションもあがると思います。

まずは目玉というのは4Kに対応しているということです。

ここ最近4K対応のテレビもかなり増えてきており、電気屋に行くとテレビは4Kを置いているケースが非常に増えてきました。

いわゆるフルHDという規格でも十分だったのですが、4Kのほうがさらに綺麗に見れるということです。

実際テレビは離れてみるので、人間の目には4KとフルHDの違いというのはそれほど識別出来るとは思いませんが・・・・

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

スペックはどう向上する?

それではスペックはどう向上するのでしょうか?

CPUクロックの向上、GPUコア倍増、メモリ帯域拡大こちらが主に拡大されるところだと思います。

これらが向上するということは、より快適にゲームを楽しむことが出来る上にロード時間も短縮されると思われます。

ロード時間の短縮というのは、ゲーマーにとってはかなり嬉しいことではないでしょうか。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

PS4のゲームは楽しめるの?

今のところの予定ではPS4のゲームは楽しめるということのようです。

どうなるのか?ということですが、従来発売されているPS4と新型のneoは住み分けが行われる予定ということで、基本的には併売されるようです。

ということは、今までのゲームは当然ながら従来機でも楽しむことが可能ということなので、現行機の値下げなども予定されるのでしょうか。

ゲーム機はあまりにも高くては売れません。

正直なところ5万円とかいう価格設定では正直なところ売れないと思います。

中学生以上くらいが遊ぶゲームで10万円とか20万円は基本的にはありえません。

それでも基本的にゲームの原価率というのは非常に高いのです。

結局ソフトで楽しんでもらうことを目的のハードなので、それなりの価格帯に設定しないと売れないからですね。

そう考えるとこのneoも5万円以下の価格帯での販売になるのではないでしょうか。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

発売日は?

2016年10月頃を予定しているようです。

この記事を書いている時期からすると、後数カ月後ということになりますが、期待している人も多いと思います。

PlayStationというのは日本を代表するゲーム機です。

是非これは成功させて欲しいですね。

iPhone8 iPhone7s XPERIA XZs 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

PlayStationVRが登場

2016年6月15日追記

ソニーがPlayStation VRを発表 10月に発売 VR技術が加速

こちらの記事を見てもらいたいのですが、PlayStationVRというものが登場したようです。

これは非常に面白いですよね。PlayStationというのは、非常にかっこいいゲームが多いです。

任天堂とはコンセプトが結構異なり、大人のゲームが非常に多いのがPlayStationです。

となるとVRもかなりすごいと思われます。恐らくこれは人気が出るものと思われますね。

10月頃に発売される予定となっており、PlayStationneoと発売が近いことから発表だけVRのほうが先行で行ったものと思われます。

初回投稿日:2016年4月27日