Dozeモード 搭載 Android N 7.0 2016年 3Qに正式発表

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

Android Nという次のAndroid OSが2016年3Qに正式に発表されるようです。

このAndroid Nというのは、実質的にAndroid6.0の次のOSにあたります。

Android Nの目玉は?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

あえて目玉の機能というのは3DTouchをサポートするようです。とはいうものの3DTouchの機能をハード的にもっていない機種にとってはあまり意味がありません。しかしながら安定性やパフォーマンス向上と今まで以上に安定して利用することが可能になっているようです。

今までの不具合なども修正されたバージョンになることは間違いないようですね。別にいままでもバグが多かったわけではないと思いますが、やはりこのようなOSを利用するということは、脆弱性など色々な問題を抱えていることが多いです。特に常に通信を行うようなOSなので、マルウェアに対するリスクというものはかなりあると思います。

アンチウィルスソフトも色々出ておりますが、それがすべてを担うというのは限界もあると思います。ある程度OS部分で脆弱性をなくしたうえでのアンチウィルスソフトなのです。そのあたりが改善されるということはユーザーとしてはありがたいことです。

それでもユーザーというのはそのようなアンチウィルスに対してはあまり意識することはありません。AndroidOSでもインストールしていないユーザーというのは必ずいるものなのです。アンチウィルスソフトというのはウィルスの侵入を防ぐことが目的で、あえてそのアプリじしんが何かをするということはありません。

利便性向上というわけでもないのです。しかしながら今の時代はそのアンチウィルスソフトがないと困るという状況にもなっているのです。

そのあたりも含めて改善されていると思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

Dozeモードとは?

Dozeモードという新機能が採用されるようです。この機能は省エネ機能の一つで、Androidにしかりモバイル機器というのはバッテリー消費と隣合わせです。

Dozeモードという新しい機能というのは消費電力の大きそうなGPSなどを利用した位置の測位やWi-Fiのスキャンを減らすという効果があるディープスリープモードというものを継承しつつ、さらに発展した形で省エネ効果が出るモードです。

基本的に通信部分を利用するとバッテリーの消費というものは早くなります。そのあたりをうまく遮断することにより、省エネさせる効果があるようですね。

Androidは機種によってはかなりバッテリーの消費も早くなります。このような機能が搭載されるということですが、実際にはどのような操作感になるのかは不明です。自動で行うのか手動でそのモードへの切り替えを行うのか?そのあたりはまだ良くわかりません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

通知機能の改善

通知機能というのはいわゆるメッセージなどがきたときに画面の上の部分などに通知させる機能のことですが、こちらが改善されるようです。

どのように改善されるのか?ということは、複数の通知が行われた場合それを1つにまとめるように通知をしたりするようですね。

この通知機能というのはゲームからの通知なども含まれており、ゲームなどで通知を行う場合は、ユーザーの負担を減らす効果があるようです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

データセーバー

データセーバーという機能が搭載されますが、このデータセーバーというのは名前の通り、データいわゆる通信量を減らすことが出来るのです。

これはかなりありがたい機能ではないでしょうか。基本的に今は従量課金の契約が非常に多いです。一般的には5GBで○○円とか10GBで○○円ということです。

これを減らすことができれば、一つ下の契約に変更することも可能です。実際にどの程度のデータ量を減らすことが可能になるのかわかりませんが、少なくともこの機能を有効にした場合とそうでない場合ではいくらかは減らすことが可能かと思います。

データ量の増大は昨今お金の面や通信の面でも若干の問題になっており、これからますますデータ量が増大することは間違いありません。

このような機能があるだけで少しだけでも安心感が生まれると思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

低スペック機種への配慮

一般的に512MB以下のRAMを搭載した機種のことだと思いますが、低スペック機種への配慮がかなりなされるようです。

色々な機種があるなかで低スペックの機種というものは少なからずあります。その機種への配慮がなされており、その低スペックの機種でゲームなどを行うとそれだけRAMの容量を食わないようにしているようです。

逆に色々なハードに対応しないといけないOS側の配慮です。ハードとソフト一体型のiPhoneなどではそこまで考える必要がありませんが、Androidはここ最近組み込み技術にも使われるなど、色々な分野で色々なハードとの組み合わせで利用されるものがほとんどです。

よって低スペック機種への配慮というのはかなりありがたいと思います。

このようにかなりレベルアップしたOSになると思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

正式発表は3Q

正式に発表されるのは3Qとなっており、まだもう少し先の話になると思います。

とはいうもののすでに今は2Qなので次のクオーターでの正式発表です。

7月以降での発表ということですが、日本ではAndroid Nをインストール出来るハードというのはどれくらい出てくるのでしょうね。

やはりいちばんさきに試したいのであれば、Nexusシリーズということになります。

初回投稿日:2016年4月21日