低価格のデータ契約 シェア5やデータ定額1などは毎月の通信費の割引が少ない

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

低価格のデータ契約というものがここ最近出てきました。

これに伴い5000円以下の料金プランが実現されたことは知っている人も多いと思います。

安くなるんじゃないの?

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

このプランが出た時にはWi-Fiなどをうまく使って少ないGBしか使わなかったらかなり毎月の維持費が抑えられるんじゃないの?と思った人も多いと思います。

確かにこの料金プランだけ見ると安く見えることは間違いありません。

しかしながら実は問題があるのです。

どのような問題があるのか見てみましょう。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

月々サポートなどの料金が減る?

これはどういうことでしょうか?

月々サポートという機種代を安く見せる技とドコモのMNP施策で維持費は高額に

こちら月々サポートというものがありますが、結局本体代金を安く見せるために通信費から割引を行っているのです。

その割引が減るというものです。

例えば普通のプランに契約していたとしましょう。普通のプランというのはそれなりに通信も行うプランのことです。

そちらのプランに加入していることにより、携帯を購入した時に毎月2000円の割引の適用があったとします。

それが安価なプランを選定するとそれが1000円に減額されたりするのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ずるくないですか?

相当ずるいです。

通信費に上乗せしているわけではなく、キャリアが出してくる料金プランというのはその料金プランにともなってかなり複雑になっているのです。

というか同じ機種でも通信費の割引が異なるのです。

同一機種でプランによって割引料金が異なるということは本当にわかりにくいですよね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

結局キャリアはこの契約にさせたくない

割引がなくなるもしくは少なくなるということを考えるとこのプランに入りたくなくなりますよね?

結局それはキャリアがもっていきたいところなのです。

収益が下がるのでその分割引も減らしますということなのです。

ユーザーからすると一切おいしくありません。

結局は高額プランに加入して欲しいのです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

通信費からの積み上げなら

MVNOと呼ばれるいわゆる格安SIMですが、こちらは通信料金からの積み上げなので、通信費が1000円だった場合毎月の維持費は1000円に分割で機種を購入すると毎月2000円の合計3000円ということになります。

それが一番シンプルで分かりやすいですが、キャリアはその料金プランをとってはいません。

本当に残念なことですが、諦めるしかなさそうですね。

通信費からの積み上げならいい端末が売れなくなるかもしれません。毎月の料金が高くなることはユーザーは望んでいないので、結局のところキャリアとしてはうまみがあまりないのです。

通信費から積み上げが本来の姿だと思いますが、キャリアは今後どのような戦略をとってくるのでしょうね。それはそれで楽しみです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

キャリアの取り扱う機種は高すぎる

キャリアの取り扱う機種はそれとかなり高いのです。それもかなり問題です。

もっと安価な機種を選択出来るようにしてもらえるだけで本当に助かるのですが、そうはならないのでしょうかね?

毎月の積み上げが1000円くらいの機種なら普通に売れそうですが、どうでしょうか?

そういう新しい戦略をすればもっといいと思いますね。

初回投稿日:2016年4月14日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加