iOS11はどうなる? 新機能 AR搭載予定?進化 何が出来るの? 追加仕様は?

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

iPhone7の情報がかなり出てきており、いったいどのようなiPhoneになるのか楽しみですが、OSのほうも少しは気になりませんか?

iOS11というと今からなら約1年後にリリースされるOSになると思われます。すでにiPhone7の発表は終わっており、非常に人気の高い機種になっております。

iPhone7s iPhonePlus iPhone8の購入は?

docomo ドコモ

au

SB

iPhone7の購入はこちらで行うことが可能になっております。iPhone7シリーズに関してはiPhone7よりもiPhone7Plusのほうが人気はかなりあります。

その理由ですが、まずはiPhone7Plusはなんといってもデュアルカメラです。デュアルカメラはiPhone初ということもあり、人気はかなりのものかと思われます。

確かに私もこれは興味ありますよね。実際に私もiPhone7を利用しますが、カメラに関してはかなりいいと思います。

なかなかのカメラのスペックです。1200万画素ということで、Androidに搭載されているカメラなどもありますが、当然ながらそれよりもきれいに撮れてるんじゃないの?と思うほどですね。

そして購入は自宅にいながら購入することができるオンラインショップを選択したいところです。

ドコモオンラインショップ機種変更メリット

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規

ソフトバンクオンラインショップ機種変更メリット

こちらがオンラインショップのメリットを記載しているページです。ぜひこちらも確認いただければと思いますね。

特にドコモオンラインショップでは機種変更の事務手数料が無料です。ぜひ検討してほしいですね。

また2017年3月31日まではドコモオンラインショップ限定クーポンが出ております。

クーポン配布ページ

こちらでクーポンを配布しております。iPhone7の32GBを除く機種でクーポンの利用が可能です。iPhone7Plusもクーポンが利用可能です。ぜひこちらでクーポンをGETしてみてください。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL
 

iOS10では?

まずはiOS10の予想ですが、こちらをご確認ください。※その後iOS11は発表されました。

iPhone7 アイフォン7 仕様 発売日 SIRI iOS10搭載? /Plus

こちらが10の情報ですが、SIRIの進化があげられます。

SIRIが進化することにより、留守番電話の自動応答などかなり面白い機能が搭載される可能性が非常に高いです。

またiPhone6sに搭載された感圧センサーで出来ることが増えるなどかなり面白い様相が増えることが多いと思います。

11ではどう進化?

恐らく11ではSIRIのさらなる強化ということがあげられると思います。

SIRIは今まででもかなりレベルアップしてきているわけですが、更に進化すると思われます。

SIRIが強化され他のApple製品との関連付けなどの強化も行われると思います。

iPadとiPhoneの連携などもさらにスムーズに行える可能性が高いです。

基本的には機能強化がメインになることと、からだのマネジメントアプリの強化などもあげられると思います。

機能強化というのは個人的にはそれほどおもしろくはないと思いますが、UIの大幅な変更というものはないと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7Sではハード的な進化はほぼない

iPhone7からiPhone7sになるといっても今までのかんじからすれば、iPhoneのsシリーズは基本的に本体の形状変更はありません。

そう考えるとハード的な進化も普通にレベルアップする程度なのです。

それならソフト面でもそれほど進化するとは思えませんよね。

大きなUIの変化はないと思いますが、ハード的な面での変更があまりないから逆にごろっと変わる可能性もありますが、すでに出来上がっているOSなので、基本的には個々のアプリの強化レベルになると予想します。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7及びiPhone7Plusが発表

2016年11月7日追記

iPhone7及びiPhone7Plusが発表されました。

iPhone7 /Plus アイフォン7 レビュー 評価 評判 使い勝手は?不具合 iOS10はどんな感じ?

こちらがiPhone7及びiPhone7Plusのスペック等記載しております。

本当にこれは期待していい機種だと思います。

今から購入しても1年使えることを考えるとオススメしたいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS10.2が発表 画面キャプチャが無音化

iOS11の発表はまだ時間がかかりますが、とりあえず10.2というのが発表されました。

iOS10.2 iPhone7 /Plus アップデートでスクリーンショット スクショの無音化

こちらをみてもらいたいのですが、無音化になると本当にありがたいと思います。

となるとiOS11に関しても無音化は間違いないと思います。

今後出てくるOSというのは無音化がデフォルトになると思われます。

無音化アプリなどを利用することなく、無音になるということは本当にありがたいですよね。

画面キャプチャというのは、普段は普通にとりますよね。

撮らない人はとらないと思いますが・・・私は結構撮りますね。

やはり画面キャプチャが無音化されるということは本当にありがたいことだと思います。

これからも引き続き無音化をすすめていってほしいですね。この対応というのはかなりありがたいと思いますね。

OSの進化がそろそろ止まりそう?

OSは毎年徐々に進化していることは知っている人も当然ながら多いと思いますが、実際のところOSの進化に関してはかなり鈍化していると思いませんか?

私はOSの進化はかなり鈍化していると思います。逆にいえばもうかなりのことが今の時点で出来ていると思います。

現在のスマホ市場でのOSというのはiOSかAndroidの2つしかないと思います。

WindowsPhoneなどもありますが、日本でそのOSを利用している人はほとんどいません。

この2つのOSがかなりの進化をしてきました。今ではAndroidにできてiPhoneにしか出来ない。逆もしかりですが、ほとんど2つのモデルで出来るようになってきたと思うのです。

となると当然ながら進化はどんどん少なくなってきていると思いますね。

Androidも正直なところ6.0から7.0にアップしましたが、実際はそれほどの違いはわかりません。

逆にいえばその程度なのかもしれません。出来ることは今の時点でたいてい出来ているわけです。

それこそそれに合わせたハード作りということのほうが大切なのではないでしょうか。

それでもハードに関して言えば、薄型であったりバッテリー消費の持ち時間であったりとこちらもかなり限界に近づいてきているのではないでしょうか。

それくらいハード及びソフトはここ数年で進化し続けているのです。

それでも次のOSには期待したいところですよね。確かに次のOSになると予想される機能というのはもうほとんど限られていると思います。OSで対応させるのはAI技術の取り込みとかそのようなことになってくると思いますね。それ以外に認証方式の追加であったりと・・・

今の時点から新しい新機能というものを何か求める人もそうおおくないでしょう。後はメーカー側の思惑なのですが、一体どんな思惑があるのでしょうかね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7sは4.7インチ及び5.5インチモデル

5.8インチのiPhone8 iPhoneX 有機ELを搭載で全面ディスプレイに サプライアチェーンによる情報

こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone7sは予想どおり発売される見込みになっている可能性が非常に高いです。

ただしiPhone8の発売も非常に気になるところですね。

なんといっても全面ディスプレイです。このような面白いものが発売されると本当にどうなるのでしょうか?かなり楽しみにしている人も多いと思います。

iPhone7s及びiPhone8が登場することになるのでしょうか。名称はiPhoneXとなる可能性もありますね。

今年は10周年ということで、Appleもそれなりに意識していると思われます。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS11搭載のiPhoneはiPhoneXに?

iOS11が搭載されたOSというのはiPhoneXになる可能性が非常に高いです。

iPhoneXというのはPREMIUMモデルのことかと思いますが、PREMIUMモデルとしては出ずに別の名称で発売される可能性が非常に高いわけです。

iPhoneX アイフォンエックス スペック 価格 予約 新機能 カメラ 発売日 新色 在庫

こちらになっておりますが、こちらの機種がiPhone7sではない別の機種だと見られております。

全面ガラス筐体になることはほぼ間違いないと思われます。全面ガラス筐体かつ有機ELの採用ということです。

これはかなり斬新な見た目になることは間違いないと思いますね。

斬新な見た目になるということで、これは相当売れるモデルになることは間違いないでしょう。

特に先進国では最新のiPhoneがほしいと思っている人はかなり多いのです。iPhoneを購入したいと考えていてもなかなか3つのモデルが出ることというのは今後あるかどうか微妙なところです。

そう考えるとやはりiPhone7sという一般的に次のモデルといわれているものより、別のモデルがほしいとおもうでしょう。

OSに関しては同じiOS11が採用されると思われますが、どのような感じになるのでしょうね。やはり感圧センサーなども採用はされるのでしょうか。認証方法の変更などが若干あるなど、結構楽しみなことは違いありません。

 

iOS11でFaceTime同時通話が可能に

iOS11ではFaceTimeによる同時通話が可能になるようです。FaceTimeという機能を使っていわゆるテレビ電話をする人もかなり多いと思います。

テレビ電話が複数の人たちで出来るということはいわゆるテレビ会議も可能になるのです。テレビ会議がiPhoneで出来るようになれば、ビジネスの世界でもかなり売れることは間違いないと思います。

複数の拠点と同時にテレビ会議を行うということもかなりいいと思いますね。

また今回のFaceTimeのレベルアップは5人同時にFaceTimeが出来るということになるようです。

FaceTimeを利用している人って結構多いと思います。個人で一番多いのはやはりカップルの深夜の利用だと思います。どうしても顔を見たくなりますからね。顔を見たくなるということは、当然ながら当たり前の要素です。それは1:1なので、特に問題ないでしょう。

やはりグループ通話などが出来るということはクラブ活動などを行っている人にとっては非常に有効活用できそうですね。

後は勉強などにも活用できそうです。学生及び仕事で利用している人が活用するには非常にいいと思います。

このようにFaceTimeを同時に利用出来る人が増えるということはかなりいいのです。しかも利用料はかかりません。

かかるのは通信費だけですが、基本的にWi-Fiの環境などで利用している人は何もかかりません。

今後かなりこのように充実してくることは間違いないと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS11で32bitアプリの動作が不可能に?

iOS11で32bitアプリが動作出来なくなるかもしれません。エンドユーザーからするとあまり意識する必要はありませんが、iOS11で32bitアプリが完全排除される可能性があります。

32bitアプリの数はかなり少なくなってきていると思いますが、32bitアプリはまだ少なからずいるのです。

iOS10.3では32bitアプリに対して今後利用出来なくなる旨の通知を行うようです。今後利用が出来なくなる旨の通知を行うということは、今後使えなくなるということですが、正確にはiOS11なのか12なのかは不明です。しかしながら今のバージョンでそれが出るようになるということはおそらく11でそうなるのでは?と予想されているのです。

次期 iOS11 iOS12で32bitアプリが動作不可にiOS10.3で警告通知が表示される

上記がこの記事を掲載しているページとなっておりますが、そのようになれば、今後は64bit対応のものしかAPPStoreに登場しなくなるということです。

エンドユーザーからしたらそういうことはわからないことが多いと思いますが、今後はますます動作速度なども早くなることが予想されております。

それはそれでいい方向に進んでいるのではないでしょうか。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

64bitへの移行は間違いなく進む iPhone5はアップデート対象外に?

現在Appleは64bit化をかなり進めてきているようです。

64bit化に伴い32bitという前の環境で製造したアプリなどが今後動作しなくなるというのです。

すでに上記で述べたように新しいOSの開発者用になっているものに関しては残念ながら32bit版対応アプリを動作させようとするとメッセージが出て来るようですね。

そのメッセージというのは、動作が遅くなるというメッセージのようです。動作が遅くなるメッセージが出現するということは、今後はやはり縮小傾向もしくはなくなっていくことは間違いないということです。

64bit化されるとまずは一番気になるのが次のiOS11です。このiOS11がどこまでの範囲のiPhoneをサポートしていくのか?という問題が出て来ると思いますが、iPhone5は残念ながら次のOSのバージョンアップの対象外となる可能性が非常に高いことを示唆しております。

元々Androidに比べてiPhoneは64bit化を早期から取り組んでいました。

ここ最近Windowsなども企業モデルを覗いては64bit化が当たり前になってきましたが、扱えるメモリ空間が32bitより多いことが特徴です。

32bitは4GBまでの容量を扱えないのです。その為それ以上大容量のメモリを使うようなアプリでは32bitというのは正しく動作しなかったのですが、今後このような事象により、4GB以上のメモリ領域で動作させるようなアプリもきっちり動くことがある意味保障されたわけです。

今の時点ではそこまで大きなメモリを食うアプリというものはありませんが、iPadPro12.9インチモデルではすでに4GBのRAMを搭載するなどすでに大容量のメモリを積んでいるのです。

そういうことを考えると確実に64bit化は進むと思われます。

次のバージョンアップでおそらくiPhone5はバージョンアップの対象から外れることになると思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone7sは5.5インチと4.7インチ、5インチモデルの3モデルで発売?

iPhone7sは3モデルで発売される可能性が非常に高いことがわかりました。

iPhone7 後継モデルでは5インチ モデルが登場? ガラス筐体 非接触充電が出る?

こちらの記事を見てもらいたいのですが、こちらが最新の記事となっております。

iPhone7sに関しては5インチモデルとして登場する予定になっているようです。

5インチというのは4.7インチに対して、全面ディスプレイで覆ったものになるかと思われます。

また今回発売される予定のiPhoneはすべてのモデルで、Qiが搭載されるとも言われております。

Qiというのは国際標準規格となっており、いわゆる無接点充電のことです。非接触充電とも言いますが、ここ最近このQiに対応したスマホというのは発売されておりませんでした。それがついに発売されるということでかなりありがたい話ですよね。

名称に関してもiPhone7sという名称になるかどうかもまだ決まっておりません。しかしながら今までの名称ルールに従うとするならiPhone7sになるのが妥当でしょう。

ただ3種類のモデルが発売されるということになるとiPhone7sPlusとiPhone7sとまた別の名称の機種になる可能性があるのです。

その別の名称というのが、ひょっとするとiPhoneXという名称になる可能性があります。

これらの機種すべてにiOS11が搭載されるものと思われます。iOS11というのは、実際のところまだどんなものなのかわかりません。おそらく6月にもわかると思われますが、新機能を搭載していることは間違いないでしょうね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

ホーム画面へのウィジットが追加?

2017年3月1日追記

iOS11ではホーム画面へのウィジットが追加される可能性があります。ホーム画面へのウィジットが追加されるということはどういうことでしょうか?

基本的にはAndroidではホーム画面にウィジットが追加されます。アイコンとウィジットの両方が追加されるのがAndroidなのです。iPhoneはウィジットという機能は備えているのですが、Androidのウィジットというレベルではありませんでした。

どちらかというとウィジットなどの情報表示機能というのは端っこに追いやられていたのです。端っこに追いやられていた機能ですが、それがホーム画面に追加される可能性があるということです。

それは見ものですよね。基本的にはiPhoneというのはアプリを起動させるボタンしかないということで、初心者にでも非常にわかりやすい機種です。

アイコンしかなく、ホームボタンも1つしかないので、非常にわかりやすいという声もかなりありました。

ホームボタンが1つしかないということで、Androidのほうが便利じゃないの?なんて思われる人もいるかもしれませんが、ホームボタンをダブルクリックしたり長押しをすることで1つのボタンでありながら複数の動作を可能にしております。それだけでもiPhoneは非常に素晴らしいと思います。

そしてアイコンしかないホーム画面というのがiPhoneの売りでしたが、ウィジットが追加されるということで、若干Android化するということになるのでしょうか?

ホームにウィジット機能が追加されるということで、非常に面白い画面になるのかもしれません。それでも情報が素早く見れるということは非常にいいことですね。今までのiPhoneなら通常アプリを起動しないと情報を見ることが出来ませんでした。Androidのように情報がウィジットに表示されているということは非常に便利です。どのような画面になるのか楽しみですが、ホーム画面にウィジットが表示されることは非常に楽しみですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS11でAR機能 拡張現実が採用されるかも?

2017年3月21日追記

新機能の一つとしてAR機能が採用されるかもしれません。

このAR機能というのは、拡張現実機能という機能で、カメラに写った画像を元に周辺に付加情報をつけたりするような機能です。

iPhone8 アイフォーン8でAR機能搭載 拡張現実 搭載で道に迷うこともなし?
iPhone8でAR機能いわゆる拡張現実機能というものが採用される可能性があります。 拡張現実というのは、いわゆるポケモンGO...

こちらを見てもらいたいのですが、こちらが拡張現実に関して書いてある記事です。

このように新しい機能を採用することにより、本当にすごい世の中になるかもしれません。

例えばカメラをかざすだけで、自分が入ろうとしている店舗の評価がわかったりということが瞬時にわかるわけです。

他には映画館の前で映画を見ようとする時にその映画のタイトルに写真を向けるとそれだけで、その映画の評価などもわかるわけです。

非常に素晴らしい機能だと思いませんか?このような機能をすぐにわかるように出来るということは本当にすごいと思います。

拡張現実機能のためにかなりの人が現在開発をしているということのようですが、この機能が採用されるとなると本当に便利な世の中になるでしょうね。

カメラアプリを立ち上げるだけでこのようなものが簡単にわかってしまうという世の中は本当にどうかと思いますが、かなりすごい世の中になることは間違いありません。この機能はぜひ本当に実装してほしいですね。それくらいすごい機能だと思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS10.3.2のOSアップデートでアップデート出来ない機種がある iPhone5 iPhone5c

2017年4月3日追記

まだiOS11へのアップデートは先ですが、それより前に10.3.2というものがリリースされるようです。

それでのアップデートのタイミングというのは、iOS11の前ということなので、そろそろリリースされると思われます。

iOS 10.3.2 iPhone5 /5c への適用は廃止? 旧機種は新機種に iPhoneSE iPhone7への乗り換えは必須に?
旧機種は最新OSを適用出来ないという問題がいくつか出ているようですね。 旧機種というのは、今回の場合iPhone5及びiPhone5c...

こちらの記事がその最新の記事ということですが、これでアップデートされないということは11でのアップデートは行われないということになります。

11でのアップデートを期待していた人にとっては非常に残念なことではないでしょうか。

iOS11ではまた新しい機能が搭載されるということで、期待はかなりあるものだと思われます。

それでもiPhone5に関しては2012年に発売された機種ということで、かなり古めの機種となっております。

そういうことを考えると致し方ないのかもしれませんね。また来年くらいにiPhone5sがアップデート対象外になる可能性もあるということですね。それはそれで仕方ないことかもしれません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

32bitアプリケーションの動作は絶望的

2017年4月13日追記

32bitアプリケーションの動作は絶望的になるようですね。64bitしか対応しないということのようです。

ちなみに32bitアプリケーションは20万アプリほどあるようなので、かなりの数のアプリが動作出来ないということになるようです。本当にこれはかなり辛いところではないでしょうか。

32bitアプリから64bit化させているアプリもあるわけですが、実際には出来ていないということもやはりあると思われます。

過去にも開発者から全く手の加えられていないアプリを4万件ほど削除した経緯もあり、今回はバッサリ削除されると思われます。

iPhone5s以前に発表されたアプリが対象になると思われますが、64bit化されていないということで、起動出来なくなるということは過去からかなりのアプリを入れている人にとってはかなり辛いことかもしれません。

いわゆる使う人のことは全く考えていないということになります。64bit化というのはある意味時代の波かもしれませんが、もう少し猶予を持ってほしいですね。

ちょっとあまりにも・・・という感じもしますが、どうでしょうか?

それでも昔のことを切り捨てないと新しいことには移行出来ませんからね・・・そう考えると32bitアプリの削除は仕方ないかもしれません。

しかしながら一般の人は32bitとかそういうことを理解して使っている人はあまりいないと思います。

そういう人にとっては今回の件で突然アプリが使えなくなったなど嘆く人もかなり多いと思いますね。特にこのような情報系の勉強をしていない人にとってはbitという概念は本当によくわからないと嘆いている人も多いと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS11のコンセプト動画


こちらにコンセプト動画が出てきました。
新しい機能なども入っており、非常に人気が出ることは間違いありません。
6月6日にこのOSは発表されるといわれております。新しいOSになることで、iPhone7sもしくはiPhone8がほしいという人もかなり多いのではないでしょうか。やはり新しいものというのは本当人気が出ると思われます。iPhoneに関しては世界中で注目を浴びているOSです。それだけにかなり人気が出ることも間違いないと思います。やはりスマホの代表格といえばiPhoneであることは間違いありませんからね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SIRI専用チップを開発中

2017年5月30日追記

現在SIRI専用チップを開発中と報じられております。
SIRI専用チップを開発中 AI技術に特化して iPhoneの動作とは別処理を実施
こちらの記事となっております。SIRI専用のチップを開発中ということです。
専用チップの開発ということですが、専用チップを開発することで、どういうことが起きるのか?ということですが、やはり全体へのバッテリーへの負荷低減や処理効率を上げるということです。
処理効率というのは既存のCPUに実施してもらうよりも専用のプロセッサに行ってもらうほうが間違いなく処理効率としては非常にいいのです。
処理効率が非常にいいということは、トータル的に見て専用プロセッサを利用するというものです。
また専用プロセッサを利用することにより、それをモジュール毎他社へOEM提供出来るという利点もあります。OEM提供するということで、他社へSIRIをうまく浸透することが可能です。当然そうなればさらなるビックデータの取得が可能になり、新たな分析ということを行うことも可能になっております。
このようにデータを活用するという意味でも非常にいいのです。ひょっとするとこの専用プロセッサはiPhone8にも採用されるかもしれませんね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

32bitアプリケーションが検索対象外

2017年6月5日追記

32bitアプリケーションが検索対象外になりました。

32bitアプリはAppStoreから検索結果の排除 iOS11で昔のアプリは利用出来ない状態に

どんどん古いアプリケーションは排除される可能性が非常に高いですね。
32bitアプリはまだ少なからず存在しますが、それが今後なくなっていくということは間違いありません。
iOS11ではその32bitアプリをなくすということを実施する可能性が高いのです。
すでにAppStoreの検索対象から外れたということなので、今後はなくなっていくことは間違いないと思いますね。
正直なところ影響範囲もよくわかりません。それでもたいていの人は影響がないことを祈るだけですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iOS11に搭載される新機能 ARで地図を見れる

gizmodoからの引用となりますが、次に搭載されるOSにはARで地図を見ることが出来る機能というものが備わっているようです。

このように地図アプリは進化していくのです。

かなりかっこいいとおもいますが、どうでしょうか?

AR技術というものは今後ますます発展していくと思われますが、やはり一番楽に搭載を可能にするというのは地図上に何かを映し出すということでしょうね。

地図上に何かを映し出すということは非常にいいと思います。

地図アプリとARの連携というものはこれから本当にたのしみになってくると思います。続いてはカメラアプリとARのの連携もかなり期待は出来ると思いますね。

新しいOSで新しいことが出来るというより、アプリ側の進化のような気もしますが、どんどん便利になっていくことは間違いありません。

スマホで出来ることがどんどん増えていきますが、増えている分だけやはりアプリ側の対応もかなり大変でしょう。

使い側からするとそういうことはありませんが、やはり開発者も本当に大変かと思いますね。

初回投稿日:2016年4月14日