ドコモ au ソフトバンクは格安料金プランを出すのか? 総務省がかなり指導

iPhone7 /Plusの予約はこちら
docomo ドコモ
au SB

総務省が4月以降もかなりの指導を行っているようです。

総務省はどのような指導を行っているのかということですが、今の段階ではユーザーにお得な情報というものはありません。

本来の趣旨

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

本来の趣旨というのは、MNPに対するキャッシュバックや施策を減らして、その原資を既存の顧客に還元するというものです。

MNPをする人に対して高額キャッシュバックで恩恵を与えて、2年後どうするか考えてもらうということでしたが、その高額キャッシュバックをやめて、既存顧客への還元ということを考えると、高額キャッシュバックを目当てに契約をして実際には使わないという人にも恩恵を与えてしまうことになるのです。

その原資というのは、既存顧客が毎月払っている通話料や通信費なのです。これらのことにより、機種変更しかしない顧客とMNPしかしない顧客とではかなりの差が生まれるということは事実なのです。

その差をうめるべく総務省は動いているということが趣旨のようです。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

もうひとつの趣旨は

実はもう一つ趣旨があります。その趣旨というのは通信費と本体価格の分離です。

その分離というものはどういうことかというと、いわゆる実質価格の廃止です。実質価格で1万円とか言われてもあまりわからない人が多いのです。

結局のところ実質価格というのは本体の値引きではなく、通信費からの値引きなので、2年間継続して使うことを条件として実質いくらになりますというものなのです。

仮に2000円を毎月端末の分割価格として支払い、その2000円というのはあくまで本体代金の2000円です。

それを通信費から2000円値引くというものです。それで実質0円ということが出来上がるわけです。

これが消費者にとってわかりにくいというのです。確かにかなりわかりにくいと思います。

この業界にいる人なら今となっては当たり前なのですが、実際にこれが当たり前と感じている人はあまりいないと思いますね。

実際のところ本体代金と通信費は分離されているものです。

元々ガラケーの分割ということが始まった時は、実際にこの2000円というものを通信費にONして払っておりました。

その時はそれが普通でしたが、今は通信費からの割引の恩恵を受けるということが普通になってきたわけですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

期待したい格安料金

各キャリアに期待していることは既存の5GBなどの契約時に支払う料金の是正です。

ざっくり5GBなら5000円ほどの支払いを毎月行っていると思いますが、この価格を下げさせたいのです。

本来の趣旨はそこにありますが、この5000円というものをキャリアはなかなか下げては来ません。

なぜ下げないのか?ということですが、ここを下げてしまうと固定費が減額になります。それではかなり経営的に痛いのです。

よって下げてこないんですね。本来ならここを下げないと始まらないのですが、本当にここを下げて欲しいですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

結局回線には余裕がある

各社に言えることですが、回線にはまだ余裕はあると思います。

この価格を下げることにより、今と同じ価格でワンランク上のプランを選択されてしまうとそれはそれで辛いのかもしれません。

昔は一部のパワーユーザーがかなりの帯域を占領していたなんて言われておりましたが、今の時代は動画を見るだけでどんどん通信を行います。

動画などは結構みんな普通に見るのです。

逆に昔パワーユーザーだった人というのは、ある程度わかっているので、Wi-Fiをたくみに利用していることと思います。

そう考えると今の回線というのは、一般ユーザーが食いつぶしているということになるのでしょうね。

今後はどうなっていくのかわかりませんが、個人的には5GB以上使う人をせめて1000円くらい安価にしてもらいたいですよね。

そしてMNPの優遇をやめればそれはそれで価値があると思います。

初回投稿日:2016年4月1日

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加