iPhone8 /Plus アイフォン8 仕様 予約 予想 噂 虹彩認証 新機能 AI SIRI docomo au SoftBank

iPhone7s /Plusの予約はこちら
ドコモは事務手数料無料
docomo ドコモ
au SB

iPhone7が発売され、iPhone7の人気は今も衰えることを知りません。かなり人気の機種の一つになっているようですね。そんな中で色々iPhone8の情報が出てきております。噂も含めてこちらで紹介したいと思います。

iPhone7はiPhone7Plusという機種がかなり人気になっており、なぜ人気になっているのか?というとデュアルカメラを搭載していることが人気の秘密です。

デュアルカメラを搭載している機種というのは、あまりありませんでしたが、iPhone7Plusでついにといったところではないでしょうか。

iPhone8が発売されると購入は?

docomo ドコモ

au

SB

各社のオンラインショップから発売されることは間違いありません。

ドコモオンラインショップ機種変更メリット

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規

ソフトバンクオンラインショップ機種変更メリット

オンラインショップのメリットと共に予約購入の方法をこちらでお伝えしたいと思います。

ドコモオンラインショップ機種変更メリットiPhone7の予約

au オンラインショップ メリット 機種変更 MNP 新規 お得に契約 iPhone7 予約も

ソフトバンクオンラインショップ機種変更メリットiPhone7の予約

こちら予約ページとなっております。購入はぜひオンラインショップで行ってもらいたいところですね。

この中でもドコモオンラインショップで発売されるものに関しては、機種変更時の事務手数料が不要です。

そして頭金もありません。機種変更時の事務手数料が2160円となっており、それが不要ということで、かなりオトクに購入することが可能となっております。

頭金は一般的にドコモショップの場合5400円となっており、かなり高めの設定です。それがドコモオンラインショップなら不要で購入することが出来るので、ざっくりですが、8000円近くオトクに購入することが可能です。

機種変更を行うのであれば、間違いなくドコモオンラインショップでの購入がオススメですね。
 

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

初期に記事を上げた時から見るとかなり先

この記事を立ち上げたのは2014年頃ということです。それから3年後というと正直なところどれくらい世の中が変わっているのかもあまり想像は出来ません。

順当に考えると、今の進化系と考えるのが自然でしょう。

そうなれば、端末は当然ながら今より進化します。

恐らくデータ受信にかかる時間も今よりもかなり短縮されると予想されるので、大容量化の可能性も高いと思います。

それでも現行は16GB〜となっていますので、4年後くらいには64GB〜くらいになっていると非常に嬉しいです。

今でも64GBのROMのチップは結構安価で購入出来るはずなので、4年後には今の16GB程度の価格まで落ちているでしょう。

逆に16GBのROMがあまり売れないので、逆に高価になっているかも知れませんね。

そうなるとせめて32GBのROM〜くらいになればいいと思いますが・・・

後はカメラには光学レンズがついてくるのではないでしょうか。

逆にiPhone7あたりで光学レンズが標準になっているかも知れませんね。

画面サイズは人間が進化しないので、今と同じでしょう。

物理的構造上折りたたみなどはないと思います。

そうなれば今よりさらに薄くバッテリーのもちもよくと考えるのが普通ですが、あまりに薄すぎると強度の問題もあります。

強度不足を補う為、それなりの厚みはあると思います。

また防水機能ですが、あってほしい機能の1つですが、スタイル重視のiPhoneの為、それはないと思います。

実際問題どのような機種になるのかはなんとなくは想像出来ますが、ズバリは難しいですね・・・

逆に今から4年前というとiPhone4のころです。

あれからスペックは進化しましたが、スタイルはそれほどの進化はしていません。

逆を考えるとそれほど進化出来ないのかもしれませんね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

現在予想されているiPhone6sまでのスペックを紹介

iPhone8は当然気なりますが、現在iPhone6sのスペックがある程度紹介されております。

iPhone7 アイフォン7でホームボタンが廃止 iPhone6s では現行と同じ見た目

この記事には持論も含まれておりますが、iPhone7くらいでボタンがなくなると思います。

一応今のところボタン廃止の方向で検討されているということですね。

iPhone6sで対応されるといいと思いますが、まだ厳しそうですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone6sで搭載される機能

とりあえずiPhone6sで搭載される予定の機能ですが、感圧センサーなるものが搭載される予定です。

iPhone6s /Plus に搭載される予定の Force Touch機能がすごい

こちらが感圧センサーというもののようですが、色々な場所で応用されると思います。

この機能が搭載されるとiPhone8くらいの時には恐らくこの庵圧センサー対応のアプリもかなり多数発売されていると思います。

この機能は非常に楽しみですね。個人的にもこの機能ならかなりのアプリが出てくると予想することも可能です。

非常に面白い機能だと思うので、一度確認してみてください。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone6sでカメラがレベルアップ

iPhone6sでカメラの画素数がレベルアップするようですね。

iPhone6s アイフォン6s 4.7インチ フルHD 1200万画素のカメラ搭載

1200万画素になるといわれております。

となれば、iPhone8の頃には1600万画素程度にまでなっているかもしれませんね。

ただしiPhone4sで800万画素になりました。それから2世代後でのバージョンアップということは、iPhone8sで1600万画素になる可能性があります。

どちらにしてもまだまだもう少し先のことになる可能性もあります。

カメラの画素数は実は日本ではそれなりに重要視されている要素の一つです。

最近はマシになりましたが、ガラケー時代にはカメラの画素数だけで機種選定していた人もいるほどです。

それほど重要なのです。

iPhone8sの頃のカメラの画素数には期待したいところですね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

MNP一括0円について

2015年7月1日追記

iPhone6のMNP一括0円の開始は2014年の年末にちらほらで、2015年の3月にはそれなりに出てきました。

ドコモ iPhone6 iPhone6Plus MNP 一括0円 キャッシュバックが開始か?

こちらの記事を読んでいただければ、若干時系列にはわかると思いますが、やはりなんといってもiPhone8くらいになると日本でも色々な規制が出ていることでしょう。

MNPに関する施策も減っている可能性が非常にあります。この秋にiPhone6sが発売されるので、それからは約3年後ということです。

3年も経てばこの業界はかなり変化します。変化しすぎてて、正直どのようになっているのか私にもわかりませんが・・・

それでもかなり変化していることは間違いないと思いますね。MNP一括0円という案件がその頃にもあればいいと思うのですが、どうでしょうか?

iPhone6sで感圧センサーは搭載されない

2015年8月2日追記

iPhone6sには感圧センサーは採用されない iPhone6と価格はほぼ同じ

iPhone6sで採用されないということはiPhone7もしくはiPhone7sあたりでは採用されるのでしょうか。

感圧センサーが採用されるのはひょっとするとiPadで採用されるのかもしれません。

最近タブレットに関してはあまり売れていないという報道もあり、スペックはiPhoneよりいいものを採用している傾向です。

iPhoneではなくiPadのほうに先に採用される可能性もありますね。

そうなるとやはりiPhone7もしくはiPhone7sでの採用が濃厚です。

 

docomo ドコモ au

薄型の特許も取得

2016年1月28日

iPhone7 iPhone7sではカメラの出っ張りがなくなる 特許をAppleが申請

今後カメラも薄型になると思われます。

iPhone7で採用されるのかもしくはその先のモデルで採用されるのか今のところ不明ですが、確実にカメラの出っ張りはなくなると思われます。

カメラ・レンズが2mmと非常に薄いのです。本当に新技術というのはすごいですよね。

この技術はiPhoneだけではなく、iPhone以外の分野でも利用されるのかもしれません。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

5.8インチの画面サイズが採用されるかも?

5.8インチのカメラが採用されるかもしれません。

iPhoneに5.8インチのAMOLED ディスプレイが搭載?

こちらの記事ですが、iPhone7sもしくはiPhone8あたりで5.8インチのカメラが採用される可能性があります。

5.8インチというiPhone6sPlusよりも0.3インチ大きな画面になります。

これはちょっとありがたいと思う人も多いのではないでしょうか。

ここ最近iPhone6sPlusを所持している人もかなり増えてきました。やはり大画面のほうが使いやすいということではないでしょうか。

スマホは徐々に大画面になってきておりますが、ある程度大きくなると持ちにくくなったり、また重さもそれなりに出てくるので、好みがあると思います。

私は出来ることなら大画面のほうが嬉しいのですが、本当に好みなので、なんとも言えませんね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

最新の情報

2016年11月8日追記

最新の情報では有機ELが採用される可能性があるということです。

有機ELというのは、SamsungのGALAXYシリーズに搭載されているディスプレイとなります。割りと自由度が高く折り曲げたりすることが可能なディスプレイでかつありがたいことに、このディスプレイというのはかなり省電力なのです。

それだけでもかなりのものかと思いますね。

この有機ELというのは日本では一時期かなり流行りましたが、それ以降日本では残念なくらいに流行っておりませんでした。

そしてSamsungがこの有機ELをGALAXYシリーズに搭載することによりかなり人気が出てきたということです。

GALAXYシリーズというのは、日本ではGALAXY S7 EDGEが最新モデルとして発売されておりますが、かなりの人気だったみたいです。

その後SamsungはGALAXY NOTE7を発売しましたが、実はこのGALAXY NOTE7がハズレ機種だったこともあり、全世界でリコールになったりしました。

本当にそれはそれで残念な話ですよね。

iPhone8 iPhone8Plus アイフォン8 /プラス デザイン まとめ 予想 新機能 iOS11 SIRIは?

こちらの記事に現在出ている最新の情報を掲載しておきます。こちらを合わせてご確認いただければと思いますね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

SIRIに人工知能がついたら面白い

2016年11月9日追記

SIRIに人口知能がついたら面白いと思いませんか?GALAXY S8ではAIが採用される見込みと言われております。

このように人工知能というものがどんどん身近なものになっていけばかなり面白いと思いますが、どうでしょうか?

AIというのはまだ一般的に馴染みはあまりありません。どちらかというと天才の集まりの中にAIというものを開発している人がいて、一般に開放するとまだ危ないんじゃないの?ということで一般人にはまだ利用させていないということもあるかもしれません。

しかしながらそのAIというものも一般普及しつつあるのです。

AIが一般普及するようになるとある意味勝手に学習してくれるので、自分が思いつかなかったような検索などをしてくれるかもしれません。

SIRIが自分に取って代わって勉強をしてくれるようになるかもしれません。

ほしい答えがすぐに見つけられるようになるかもしれません。過去に自分がした過ちや成功を未来の分岐点に差し掛かったときに教えてくれるかもしれません。

とはいうものの結局決めるのは自分なのですが・・・それでもそういうことをサポートしてくれるということは非常にありがたいことですよね。

今後SIRIにそのような機能が採用されるようになるとかなり面白いことになると思いますね。

SIRIがいないと生きられない・・・と思う人まで出てくるかもしれません。ある程度SIRIも今の時点で賢いのですが、さらに賢く成長させるという喜びも出てくるかもしれません。いろんな意味でかなりの可能性があると思います。

このようにOS側がどんどん進化することにより、今よりかなり便利になることはほぼ間違いないでしょうね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

虹彩認証が搭載されるかもしれない?

虹彩認証というのがここ最近かなり流行ってきておりますが、虹彩認証というのが採用されるかもしれません。

この虹彩認証というのは、日本では富士通が世界初ということで採用しました。

この虹彩認証が出て来ると指紋認証につづいてかなり便利な認証となると思います。

iPhoneは前面カメラいわゆるFaceTimeカメラを持っており、当然ながらやろうと思えばやれるはずです。

ただし問題としてはGALAXY NOTE7で虹彩認証を採用しましたが、画面から離すということや赤ちゃんはダメとか色々制約があったようです。

そういうことを考えるとこの虹彩認証というのはどうなのかな?なんて思いますが、期待はしてもいいのでは?と思います。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

有機EL採用のiPhone Editionが登場予定

2017年3月10日追記

有機ELが採用されるiPhone Editionというものが採用される可能性があります。

iPhone Edition アイフォンエディション 次期iPhone8の名称が変更? 開発段階中
次に発売されるiPhoneの名称はまだ決まっていないということのようです。 なんと次期発売されるiPhoneというのはiPhoneEd...

こちらの情報ですが、10周年モデルということで、iPhone Editionという名称になるかもしれません。

名称に関しては色々いわれており、iPhone8もそうですし、iPhoneXやiPhoneProという名称も出てきました。

そういうことを考えるとまだどの名称になるのか?ということは決まっておりません。名称だけの問題で発売されることは間違いなく決定しているのです。

iPhoneは有機ELをついに採用し、今のところ5インチもしくは5.8インチのどちらかになると予想されます。それが最上位モデルとなることは間違いないと思います。最上位モデルのiPhoneは当然ながら人気が一番出るでしょう。

その為発売がいつも通りなら9月頃になるといわれておりますが、このiPhoneだけはもっと先の発売になるとも予想されています。

今のところまだ量産体制の準備段階には入っていると思いますが、基本的にはまだプロトタイプを製造しているとも言われております。

まだ施策段階ということで、本当にどうなるのでしょうかね。

iPhone7 XPERIA XZ 最新の機種購入はこちら

docomo ドコモ au SB ymobileL

iPhone8の画面サイズは2つになる可能性

2017年5月18日追記
iPhone8の画面サイズは2つの画面サイズになる可能性があります。

iPhone8は 画面サイズの異なる2種類のモデルが発売 5インチ5.8インチの2つ
iPhone8を待っている人も多いと思いますが、iPhone8では画面サイズの異なる2種類のモデルが発売される可能性があるということです。 ...
こちらの記事を見てもらいたいのですが、iPhone8は5インチ及び5.8インチになる可能性が非常に高いということがわかりました。
いわゆるiPhone7とiPhone7Plusの関係です。この2つのモデルになると思われます。
iPhone7sの情報があまり出ておりませんので、これまた確定情報ではありませんが、この2つの機種が発売されることはほぼ間違いないと思われます。5インチ及び5.8インチという非常に見やすいサイズにしてくることがiPhoneとしては間違いなく成功になるのではないでしょうか。
相当ここまでの画面サイズになれば人気になることは間違いないでしょうね。

初回投稿日:2014年10月20日